【新刊】千夜千冊エディション サブカルズ

【新刊】千夜千冊エディション サブカルズ

残り1点

¥1,694 税込

送料についてはこちら

著:松岡 正剛 出版:KADOKAWA 判型・頁数:文庫判、432ページ 発売日:2021年1月22日 ■紹介(版元ドットコムより) サブカルチャーの起こりは1世紀前のアメリカに遡る。ブルース、ジャズ、グラフィティが「クール」に文化を騒がせた。戦後日本の表現史から「おたく」の誕生、マンガ、ラノベまでサブカルの系譜を辿る。 ■目次 第一章 ポップ・ヒップ・クール スーザン・ストラッサー『欲望を生み出す社会』 アン・ウィルソン・シェフ『嗜癖する社会』 西井一夫編集『ロストゼネレーション』 ジョン・リーランド『ヒップ』 ディック・ヘブディジ『サブカルチャー』 ノーマン・メイラー『ぼく自身のための広告』 ディック・パウンテン&デイヴィッド・ロビンズ『クール・ルールズ』 アンディ・ウォーホル『ぼくの哲学』 ジーン・スタイン&ジョージ・プリンプトン『イーディ』 ラリイ・マキャフリイ『アヴァン・ポップ』 第二章 サブカル・ジャパン ドナルド・リチー『イメージ・ファクトリー』 イアン・ビュルマ『日本のサブカルチャー』 秋山邦晴・小野田勇・村上紀史郎ほか『文化の仕掛人』 宮沢章夫・NHK制作班『ニッポン戦後サブカルチャー史/深掘り進化論』 秋山祐徳太子『泡沫人列伝』 植草甚一『ぼくは散歩と雑学がすき』 都築響一『賃貸宇宙』 酒井順子『ユーミンの罪/オリーブの罠』 米澤泉『コスメの時代』 榊原史保美『やおい幻論』 井田真木子『フォーカスな人たち』 第三章 「おたく」と「萌え」 フレデリック・L・ショット『ニッポンマンガ論』 スーザン・J・ネイピア『現代日本のアニメ』 平林久和・赤尾晃一『ゲームの大學』 ポケモンビジネス研究会『ポケモンの秘密』 アン・アリスン『菊とポケモン』 大塚英志『「おたく」の精神史』 東浩紀『動物化するポストモダン/ゲーム的リアリズムの誕生』 森川嘉一郎『趣都の誕生』 大泉実成『萌えの研究』 乙一『夏と花火と私の死体』 住野よる『君の膵臓をたべたい』 追伸 永井荷風だってサブカルだった ■著者プロフィール 松岡 正剛 (マツオカ セイゴウ) (著/文) 編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化した「編集工学」を確立、様々なプロジェクトに応用する。2020年、角川武蔵野ミュージアム館長に就任、約7万冊を蔵する図書空間「エディットタウン」の構成、監修を手掛ける。“世界を読み解く”9つの文脈に沿って本とオブジェとアートを組み合わせ、ハイ&ロー、リアル&ヴァーチャルの“ 混ぜこぜ感” を演出した。著書に『日本という方法』『多読術』『国家と「私」の行方』ほか。