モダンガールと植民地的近代 東アジアにおける帝国・資本・ジェンダー
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

モダンガールと植民地的近代 東アジアにおける帝国・資本・ジェンダー

残り1点

¥3,300 税込

送料についてはこちら

編:タニ・バーロウ、伊藤 るり、坂元 ひろ子 出版:岩波書店 判型・頁数:A5判、360ページ 発売日:2010年2月25日 状態:A ■目次 序論 東アジアにおけるモダンガールと植民地的近代 伊藤るり 坂元ひろ子 バーバラ・H・佐藤タニ・E・バーロウ ヴェラ・マッキー I 資本の欲望  1 奢侈と資本とモダンガール――資生堂と香料石鹸 足立眞理子  2 買うということ――一九二〇年代及び三〇年代上海における広告とセクシー・モダンガールのイコン タニ・E・バーロウ(伊藤るり,結城淑子訳) II まなざしの政治  3 宗主国のまなざし――視覚文化に見られるモダンガール ヴェラ・マッキー(菅沼勝彦訳)  4 漫画表象に見る上海モダンガール 坂元ひろ子  5 新しい女・モガ・良妻賢母――近代日本の女性像のコンフィギュレーション 牟田和恵 III 帝国を生きる  6 『婦人之友』における洋装化運動とモダンガール 小檜山ルイ  7 植民地的近代と消費者の欲望――二〇世紀初頭の日本における下層中流階級ならびに労働者階級の女性たち バーバラ・H・佐藤(近藤康裕訳)  8 女の移動と植民地的近代――沖縄のモダンガール現象への接近 伊藤るり  9 植民地台湾の「モダンガール」現象とファッションの政治化 洪郁如  10 朝鮮の植民地知識人,羅錫(ナ・ヘソク)の近代性を問う 金恩実(藤井たけし訳) あとがき 関連略年表 主要参考文献