【新刊】カンマの女王
new
6069c88cbaeb3a57fa7c9efd 6069c88cbaeb3a57fa7c9efd

【新刊】カンマの女王

残り1点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

著:メアリ ノリス 訳:有好 宏文 出版:柏書房 判型・頁数:四六判、 288ページ 発売日:2020年12月26日 ■紹介(版元ドットコムより) 「自分の仕事で好きなのは、人となりのすべてが求められるところである。文法、句読法、語法、外国語、文学の知識だけでなく、さまざまな経験、たとえば旅行、ガーデニング、船、歌、配管修理、カトリック信仰、中西部、モッツァレラ、電車のゲーム、ニュジャージーが生きてくる」(序章より) ★推薦文★ 鉛筆と紙の辞書を愛し、校正が「出過ぎた真似」といわれるのを恐れている“女王”。他人とは思えない。 ──牟田 都子(校正者) ◆ 正しい英語とは何だろう?  カンマの思想とは?  鬼校正者はどこを見る? 今、英語の「揺らぎ」があなたを魅了する。 ──阿部 公彦(英米文学者) ★概要★ 誤字・脱字や言葉の誤用を正す「校正」。ベテラン校正者の眼を通じて見るそれは、規則と心情とのあいだで揺れ動く、意外なほど人間らしい仕事だった!  アメリカの老舗雑誌『THE NEW YORKER』の校正担当者で、“Comma Queen“〈カンマの女王〉の異名をもつ著者が、その半生と、校正の現場で遭遇したミスや「揺れ」を振り返る──。“between You and I”のようなネイティブでも間違える文法や語法、ディケンズ、メルヴィル、ディキンソンら著名作家たちが操る記号──カンマやダッシュ、コロン──の独特な使い方、クセが強い校正者たちのエピソード、トランスジェンダーのきょうだいを呼ぶときの代名詞etc…。「正しい英文法」だけでは白黒つけられない、迷いと葛藤の日々を描く唯一無二の校正エッセイ! ■目次 序章 カンマの女王の告白 〈足確認係からミルクウーマンへ/酪農人からニューヨーカーへ/すべての経験が生きる仕事〉 1章 スペリングは変人のもの 〈『WebⅡ』と『Web 3』の聖なる序列―辞書の話/どうしてゼッドがズィーなのか―綴りと発音/centreをcenterに―アメリカ式スペリング/変人の聖地へ―メリアム・ウェブスター社/初めて拾った日―ゲラ読み宙に舞う〉 2章 どっちが魔女(ウィッチ)なんだか 〈ゲラ上のプロポーズ―著者への指摘出し/制限なんか嫌いだ―関係代名詞のthatとwhich すべてがここに集う―集約部/たぐい稀なるジョン・マクフィー―出すぎた鉛筆/魔法使いジョージ・ソーンダーズ―ぶらさがり分詞〉 3章 彼と彼女のむずかしい問題 〈さようなら、スチュワーデス―女性形の職業名/ペニスはheで受けるのか―代名詞の性/数と性はどちらが大事?―単数のthey 弟が妹になるということ〉 4章 屈折してるね、あなたとわたし 〈車はどうして動くのか―言語の構造/あなたとわたしの過ち―between you and me Iはmeのフォーマル版?―屈折変化/誰がために mはある―whoとwhom〉 5章 カンマは気まぐれ 〈J・F・ケネディはストリッパー?―シリアル・カンマ/プレゼントにわたしを買った―ディケンズのカンマ/立ち上がるための時間―メルヴィルのカンマ/何度も死なないために―『ニューヨーカー』の細かなカンマ/形容詞にスピンをかける―ジェームズ・ソルターのカンマ/若気の至りは文末に―イアン・マキューアンのカンマ〉 6章 『Moby-Dick〈白鯨〉』にハイフンを入れたのは誰? 〈バンパーとレジ係には要警戒―分けるハイフン/辞書に振り回される―繫ぐハイフン/カンマ・クイーンとミスター・ハイフン―芸術的ハイフン/『Moby-Dick〈白鯨〉』にハイフンを入れたのは誰?〉 7章 ダッシュ、セミコロン、コロンがバーに入ると 〈しかるべき長さ―エムダッシュ、エヌダッシュ/この曖昧なもの―ディキンソンのダッシュ/お高くとまったお方―ヘンリー・ジェイムズのセミコロン/折り目正しい執事―ケレファ・サナのコロン〉 8章 アポストロフィの浮き沈み 〈自然の浸食作用/アポストロフィ保護協会/八百屋は面白い〉 9章 使うなら * 正しく使おう * Fワード 〈押さえつけるとむしろ ******/ラッパーを校正すると******/遠回しに言うとかえって ******〉 10章 鉛筆狂のバラード 〈いちばんの鉛筆を求めて/すべての鉛筆はサンドウィッチである/区切りをつける/いざ鉛筆削り博物館へ〉 終章 百万ドルの校正者 〈百万ドルの校正者/図書館/カンマ、宙に舞う〉 謝辞 引用箇所 読書案内 校正という、人間の仕事―訳者あとがき 索引 ■著者プロフィール メアリ ノリス (メアリ ノリス) (著/文) 1978年から『ニューヨーカー』誌で働く校正 者。オハイオ州クリーヴランド出身、現在は ニューヨークに住んでいる。本書がデビュー 作で、2作目のGreek to Me: Adventures of the Comma Queen(W. W. Norton, 2019)も出版されている。 有好 宏文 (アリヨシ ヒロフミ) (翻訳) 1987年北海道旭川市生まれ。京都大学文学 部卒、読売新聞記者をへて、早稲田大学文学 研究科修了。訳書に、ニコルソン・ベイカー 『U&I』(白水社)。