つながりを探る社会学
600d038e6728be5be8fdcb19 600d038e6728be5be8fdcb19

つながりを探る社会学

残り1点

¥1,100 税込

送料についてはこちら

著:鈴木 弘輝 出版:NTT出版 判型・頁数:四六判、 224ページ 発売日:2013年7月11日 状態:B ■紹介(版元ドットコムより) 人は「新しい自立やつながり」を探ることはできるのか? 膨大な情報を受け取ることで、ただそれを無感情に受け流すだけになっていないだろうか? 「情報社会化」を否定するのではなく、その可能性が十全に開花するような変化とともに「新しい自立とつながり」のあり方について、スピリチュアリティ(宗教現象ではなく、現象学派心理学としての意)をひとつの柱にして考える。 ■目次 まえがき 序章 「現代社会論」との比較 第1章 コミュニケーションの喜びを求める動き  1 「コミュニケーション論」という授業  2 「分人論」における喜びのあり方  3 「演劇論」における喜びのあり方  4 スピリチュアリティおける喜びのあり方 第2章 コミュニケーションの喜びを抑圧する社会  1 大きな「社会的文脈」としてのグローバリゼーション  2 現代の職場で行われているコミュニケーション  3 現代の日本における「つながり」の現状  4 「日本版ポストモダン・コミュニティ」の出現 第3章 「新しい公私関係」の可能性  1 「日本版公的領域」と「日本版私的領域」への批判  2 「演劇論」と新しいコミュニケーション  3 「スピリチュアリティ」と新しいコミュニケーション  4 「新しい自立とつながり」の探求 補章 スピリチュアリティの学問的位置づけ 参考文献 あとがき ■著者プロフィール 鈴木 弘輝 (スズキ ヒロキ) (著/文) 1970年生まれ。現代位相研究所所長。都留文科大学非常勤講師。著書に、『憲法教育と社会理論』(勁草書房)、『生きる希望を忘れた若者たち』(講談社現代新書)などがある。