【新刊】闇ネットの住人たち : デジタル裏社会の内幕
60013e9ab00aa313c7454c2c 60013e9ab00aa313c7454c2c

【新刊】闇ネットの住人たち : デジタル裏社会の内幕

残り1点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

著:バートレット ジェイミー 訳:星水 裕 出版:CCCメディアハウス 判型・頁数:B6判、 347ページ 発売日:2015年9月16日 ■紹介(出版サイトより) グーグル、ホットメール、フェイスブック、アマゾンなどおなじみのオンライン世界の向こう側には、自由が限界まで追求され、人々がなりたいものになり、したいことができる、サイト、コミュニティ、カルチャーの、あまり表に現れない巨大なネットワークが存在する。創造的で複雑、かつ、危険で不穏な世界。あなたが考えるより、はるかに身近な世界。 本書は、現在のインターネット、そして、その最も革新的で危険なサブカルチャーである、荒らし、ポルノ作家、麻薬の売人、ハッカー、政治的過激派、コンピュータ科学者、ビットコインプログラマー、自傷行為者、リバタリアン、自警団員などに関する、啓発的な研究だ。さまざまな直接体験、独占インタビュー、そして衝撃的な文献証拠に基づき、自由と匿名の条件下における人間性の驚くべき一面を垣間見せ、変わり続ける謎の世界に光を当てる。 ■目次 はじめに   序 章 自由か死か   第1章 荒らしの素顔を暴く   第2章 一匹狼   第3章 「ゴールト峡谷」へ   第4章 3クリック   第5章 オン・ザ・ロード   第6章 ライト! ウェブカメラ! アクション! 第7章 ウェルテル効果   終 章 ゾルタン対ゼルザン   謝 辞  解説  やわらかな日本のインターネット  巻末注  参考文献  ■著者プロフィール ジェイミー・バートレット JAMIE BARTLETT シンクタンクDemosの「ソーシャルメディア分析センター」の所長であり、オンラインの社会運動、および、テクノロジーが社会に与える影響を専門とする。ロンドン在住。