Inter Communication 13 インターネットの政治経済学
5f51cfdcf9c59008b37ab63d

Inter Communication 13 インターネットの政治経済学

残り1点

¥1,320 税込

送料についてはこちら

出版:NTT出版 状態:B(美品、付録CDはついていません) 特集:インターネットの政治経済学 ・デジタル・ダンディズム――インターネットとデジタル・コミュニティ  対談 粉川哲夫+武邑光裕 ・デジタル・キャッシュから「超流通」経済へ  渡辺保史 ・インターネット資本主義と貨幣  インタヴュー 岩井克人(インタヴュアー:上野俊哉) ・チューリングの銀河系[2]――ディープ・サーフェイス讃  フォルカー・グラスムック 大宮勘一郎 訳 ・インターネット時代の公共圏  上野俊哉 ・森の叛乱――電子のゲリラ  港千尋 ・インターネットとアート/表現の可能性と限界  大榎淳 ・インターネット上の越境列車――“Crossings”プロジェクト  野々村文宏+吉松秀樹 ・「アルス・エレクトロニカ」のウェッブ美学  構成:武邑光裕 テキスト:デリック・ド・ケルクホヴ InterCreation ・都市の未来型[I]: Molecular Engine  三上晴子 ・都市の未来型[II]: Glass Vehicles  ヘリ ドノ ・都市の未来型[III]: APPLICATION TOUR AUTUMN 1995  立花ハジメ ・都市の未来型[IV]: Armed Musician for An Embassy Without A Country  セルジオ・デュラン InterCity ・現実はそんなものをとっくに凌駕している 909―アノーマリー2  上田高弘 ・呪術としての写真,呪術としての音楽 ―― 「ロバート・フランク:ムーヴィング・アウト」,『コックサッカー・ブルース』, ローリング・ストーンズ ワールド・ツアー 94/95「ヴードゥー・ラウンジ」  伊藤俊治 ・『音のない世界で』を巡って  北小路隆志 ・復活――ゴダール『勝手に逃げろ/人生』を見る  浅田彰 ・インディペンデントなメディアなしにはマルチカルチュラリティはありえない ――「メディアと戦争」会議レポート  上野俊哉 Communication Frontier ・生命[1]ここより永遠に  畑中正一 ・発見と交通[5]情報のヴェクター  村上陽一郎 ・アートとテクノロジーのあいだに[5]人間は世界をどうとらえるか――イメージの視覚化を形成するもの  坂根厳夫 ・音楽の反方法論序説[14]手袋のなかに手はあるのか  高橋悠治 InterReview ・モダニズムのハード・コアといかに付き合うか  松岡新一郎 InterCritique ・テレビゲーム・ミュージアム[4]スーパーマリオの国  桝山寛 ICC Matrix ・ICCイメージ・マトリクス[5]「充満する光」の存在論  佐々木正人 図版構成 足立涼子 InterTechnology ・ジョン・T・ライル&ランド・ラボ ――エコロジカル・ランドスケープの実験  彦坂裕 ・テクノロジー・フロンティアをゆく[1]10億分の1秒の写真に光の動きが止まった  坂本伸之 InterScience ・リレー連載[1]トップ・クォーク発見の重み  金子務 Monograph ・アート&テクノロジーの歴史[11]体験する科学 ――フランク・オッペンハイマーとエクスプロラトリアム[後]  森岡祥倫 ・メディアと哲学[5]チューリング・テストと霊魂論(上)  黒崎政男 Project ICC ・メディア・アートの成熟をめざして ――ボワシエが語るインタラクティヴ・メディアの可能性  対談 ジャン=ルイ・ボワシエ+坂根厳夫 ・メディア・アートの系譜学  対談 ディーター・ダニエルス+フォルカー・グラスムック 鈴木圭介 訳 ・ICCアーティスト・データベース  NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]推進室 ・イベント・カレンダー  草原真知子 編