5f24b2c3223ead339de36f55

人類学とは何か

残り1点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

著:ティム・インゴルド 訳:奥野 克巳、宮崎 幸子 出版:亜紀書房 ※本書は新刊のため、定価になります。 『ラインズ - 線の文化史 - 』『メイキング - 人類学・考古学・芸術・建築 - 』などの著作を持つ英国の人類学者ティム・インゴルドが語る、人類学と人類の未来。 "私の定義では、人類学とは、世界に入っていき、人々とともにする哲学である" あくまで"個人的な見解"を示す内容のため、読みやすいが枝葉が多く読解しづらい点もあるかもしれない。 しかし、『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』(2018、亜紀書房)の著者、人類学者奥野克巳氏の30頁にも及ぶ丁寧な解説もあるので、先にそちらを読むことで人類学にも親しみがない読者にもとっかかりを得られやすい本となる。 原題は『Anthropology: Why It Matters』