【新刊】プーさんと一緒にマインドフルネス 私らしく生きる心の整え方
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

【新刊】プーさんと一緒にマインドフルネス 私らしく生きる心の整え方

¥1,320 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

著:ジョセフ・ペアレント、ナンシー・ペアレント 訳:和波雅子 出版:KADOKAWA 判型・頁数:四六判、 160ページ 発売日:2018年10月19日 ■店主コメント プーさんを読んでいたらマインドフルネスがなんとなくわかってきた、と思わせる入門本。 座禅を組んで、呼吸は腹式で...などの形式を解説した書籍とはまた違った読後感がある。 プーさんエピソードが主だが、コラムには詳しいマインドフルネスの手法が載っている。 ■紹介(出版社サイトより) 心が少し疲れたら……プーと仲間たちに学ぶ最新マインドフルネス! めずらしいイラストも満載! 読んでいるだけでも心が落ち着き、やさしい気持ちになれる プーさんと森の仲間たちに学ぶマインドフルネス  本書は、近年ストレスの軽減や集中力の向上に役立つとされ、欧米の企業では社員研修にも採り入れられている「マインドフルネス」を、 森で暮らすくまのプーさんと仲間たちの日常を通じてわかりやすく解説し、紹介するものです。  著者によるとマインドフルネスとは「今、ここで起きている体験に意識を集中している状態のこと」ですが、 これに加え「自分自身や他人にやさしくあること」という、マインドフルネスの最新の流行に合わせた内容になっています。  全16章の本書の各章は二部構成になっており、前半はプーさんのある一日のひとコマを切り取って、 仲間との典型的なやり取りに絡めてマインドフルネスとは何かがわかる内容になっており、その要点を盛り込んだプーさん作の押韻詩も添えられています。 後半は、マインドフルネスの実践法がコラムとしてわかりやすくまとめられています。  プーさんが起床する1章から順に時間は進んでいき、最後にプーさんが眠りにつくとき、 みなさんもプーさんと一緒にマインドフルネスをより深く理解できるでしょう。  ぜひ、プーさんと仲間たちの森でのようすを思い浮かべながら、ゆっくりと、ていねいに読んでみてください。 それだけでも、やさしい世界に穏やかな心を取り戻せるはずです。    著者は、パフォーマンス心理学の世界的権威で、アスリートや俳優、アーティスト、ビジネス・エグゼクティブらの指導にあたる マインドフルネスのベテラン・インストラクターのジョセフ・ペアレント博士と、その妹のナンシー・ペアレント。